溶けない粉糖

シュトーレン作りに欠かせないものはいくつかありますが、

最後の仕上げの粉糖 (粉砂糖) は、種類が大事。

粉糖には大きくわけて 2種類あって、

溶けやすい粉糖 と 溶けない粉糖。

シュトーレンには、溶けない粉糖を使います。

焼成後の熱い内にバターをしみこませた後、グラニュー糖をコーティングし、

完全に冷めてから たっぷりの粉糖で覆います。



d0364952_21465589.jpg



溶けない粉糖はなぜ溶けないのか?

詳しく説明されているサイトを発見しました。(・ω・)ノ

http://www.tokukura.co.jp/product/p02/

グラニュー糖の表面を乳化剤(ショ糖脂肪酸エステルなど)でコーティングすることで、溶けにくい粉糖 となっているようです。

普通の(溶ける)粉糖で仕上げた場合、数時間から翌日には 表面の粉糖が溶けてしまい、

見た目がとっても残念な状態になっていました。

それを予防するためには 何度も何度も粉糖に粉糖を重ね、仕上がったシュトーレンは

「どんだけのカロリーになってるんやろー???」という状態に…

プレゼントにする場合はやっぱり見た目も、カロリーも(笑) 大事ですよね。



最近のマロンのお気に入り場所。




d0364952_21465705.jpg

テレビボードの横に 小さなサイドテーブルがあるのですが、

そこにマロン用の座布団を置いています。


d0364952_21465889.jpg
ベッド代わりにそこで寝るマロン。




d0364952_21465944.jpg

マロンのおもちゃ箱とサイドテーブルの狭い場所だけど、ワンコは狭い所が好きですよね(^^♪

d0364952_21470151.jpg


毛布の上も大好き♡


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by marronmaison | 2017-10-30 21:45 | 日々の事 | Comments(0)

日々の出来事。愛犬マロンと家族の暮らし。


by marronmaison
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31